August 28, 2005

"HOMESTAR" 21st Century Home Planetarium

science logo
2005年4月17日に「HOMESTAR」(ホームスター)を知って以来、発売をずっと楽しみにしていましたが、当初の7月7日発売からは1ヶ月以上遅れましたが、やっと購入する事ができました。

8月26日18時過ぎに、神戸の「トイザらス」で 税込み:19,999円で「HOMESTAR」(Star Silver)を購入しました。
それほど重いものでは有りませんが、トイザらスのビニール袋が薄っぺらくて、持ち手の所がすぐに糸の様に細くなって、かなり持ちにくかった。

星に願いを」をビデオに撮りつつ、説明書を読みながらセットアップしましたが、説明不足の感じがしました。初期に発売されたものには付いていなかったと思われる、訂正が一枚入っていましたが、もう一度、図を多く使った丁寧な説明書を作り直した方が良い様に思われます。

角度調整の固定ネジが両サイドに有りますが、球形よりも、ローレット付の円筒形のつまみネジの方が回し易いと思います。

説明書の出来が悪くても、目的は一つ。スライド映写機の様に、原板に光を当ててスクリーンに映し出せれば良いだけですので、一通り説明書を読んで、モノを触っている内に使い方は分かってきました。

御神体(ホームスター本体):良くも悪くも「トイ」な感じです(同価格帯のiPod miniと比べると…)。 外観よりも中身、高輝度LEDや、恒星原板ソフトに力を入れた結果と見るべきかも。

ピント調整:原板をセットしていざ投影…してみたら、やたらピンボケで一等星でさえまともに見えない…。ピントダイアルを左右に半回転させても変化なし。いきなり不良品かよorz…と焦りましたが、ピント調整のダイアルは、レンズユニットのプラスチックに切られたネジの精度が悪いため?か、時々引っ掛かりが有り回しにくいだけで、数回転回せる事に気付き、時計回りでレンズが奥へ沈み(遠くにピントが合う)、半時計回りでレンズがせり出して来る(近くにピントが合う)事が分かりました。
天井への投影で2m位であれば、レンズキャップがしっかりとはまる程度にレンズを沈ませた辺りでピントが合いました。
ピント調整に使う際に使用する原板は、「星座ライン入り」が良いです。星座ラインのボケ具合でピント調整が比較的楽にできます。
15cm程先のケント紙にピントを調整(レンズをせり出し)して投影した投影イメージです。150万画素のデジカメでも天の川が写せます。

日周運動機能:オンにすると、昔懐かしの扇風機のタイマーの様な「ジー」と言う少し耳障りな音と共に、ゆっくりと12分程で1周します。
恒星原板の中心に有る、北極星を中心に回転している様ですが、恒星原板の背後から当たる光が中心から少し外されている様に感じます(日本の星空と言う事?)。
北半球用(N)の半時計回りと、南半球用(S)の時計回りの2方向に回転可能です。将来、南天用の恒星原板ソフトが追加発売されるかも知れませんので、楽しみです。

流星機能:1度でも本物の流星を見た事が有れば、無いよりは…なオマケ機能です。
ピント調整不可で、特定の1点からしか表示できないのであれば、放射状に広がってくれた方が…。

タイマー機能:15、30、60分と設定できます。タイマーを使わない場合も、電源を入れてから約3時間で切れる様に設計されているので、安心です。

付属品
ACアダプタ:最近良く見かける、所謂タバコの箱の半分の大きさで、1〜2時間程度連続使用しても熱くなる程では有りませんでした。
電池ボックス:アルカリ単2乾電池4本使用で、サイズがそこそこ有りますが、6時間程度使用可能なので、ACが利用できない所では便利かも知れません。

恒星原板ソフト:「日本の星空」「同<星座ライン入り>」の2枚(直径6cm, 厚さ2mm程)が、それぞれシングルCD用の入れ物に入っています。蛍光灯よりは、自然光の入って来る窓に向けて透かして見るときれいです。
2枚の樹脂の間に原板となるフィルムを挟んだ、サンドイッチ構造になっているので、傷には多少強そうです。
購入当初、原板の1枚が、固定用のスボンジから外れていました。スポンジがケースに対して大きいため、原板を穴に入れると変形してケースが閉まらないので、スポンジを両側1mmずつカッターで切除した所、納まりが良くなりました。

付属解説CD:三重県津市高田高等学校天文部の「天文部の夏休み」(約7分30秒)は、ナレーター:田中美奈さん、中村祐基さんお二人のプロ顔負けの、シナリオ、演出、演技が素晴らしく、星座ライン入りの原板を投影しながら、夏の代表的な星座を追って行くと、とても楽しめました。(ドラマ「星に願いを」より良かった…と言ったら怒られるかも知れませんが…。)
CDをiTunesに読ませた所、「天文部の夏休み」が登録されていない様でしたので、CDDBに登録しました。(無事に登録されていると良いですが。)

星座解説ハンドブック:ホームスターで投影しながらは読めないですが、星座ライン入り恒星原板を裏向き(SEGAが裏向きになる方)に持ち、自然光が入って来る窓に向かって透かして見ながら確認すると、楽しめます。


13:23:19 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

August 20, 2005

「あなた 誰ですか?」

Teikoku Logo
会社で使用していたDELL(デスクトップ)のHDDが壊れた。

8月初めにそれまで使っていたDELL:Win98SE機からお下がりでWinXP(SP1)機を配布されたので、セットアップして使っていた。
移行して1週間程で起動時に「Systemが…」と表示され起動せず、回復コンソールでSystemをコピーして復活させたが、その時からイヤな予感はしていた。(これまでにも自分の所に配布される前に、大抵配布後1週間程で起動しなくなるトラブルを抱えている機械だった。)

セットアップ時にXPをSP1からSP2にしたり、必要なアプリやドライバを入れていたが、Systemをコピーして復活させた直後はいろいろ忘れていた(レジストリが変更/削除された?)ので、動かしながら必要になる度に少しずつセットアップ直後の状態に戻していたが、仕事も混んでいたのでHDDのチェックもせず使っていたのが悪かったみたいです。(まあ、チェックした所でダメなものはダメですが。)

家では12年程Macばかり使用していたが、HDDがトブ事が1度も無く、ラッキーだったので、壊れた瞬間が分かったのもかなり気味の悪いものだった。
その時も省電力でHDDの回転を止める様に設定して使用していたが、Excelファイルを保存しようとして、止まっていたHDDが回転を始めた時に一瞬間が有り、ジージーコッコッと最悪のシーク音がし始め、逝っちゃったか…という感じで、移行して2週間程と言う事も有り、ショックというより脱力感で一杯でした。

大体、HDDが壊れたにしても、電源を入れるとピーピージージーコッコッでDELLの初期画面は表示されるが、HDDを認識しない為か、BIOS画面も表示できないのが痛い。
HDDチェックで引っかかってそこから進まないので、Windowsの再セットアップCDからの起動も無理。
HDDの接続を外すとBIOS画面を表示できるので、あまりに重症過ぎ。自分の中でDELLの評価は導入した別の機種はコンデンサの液漏れ続発で修理したり等も有り、一気に最低です。
企業でDELLが選ばれるのは、安くてサポートが良いからとか言われるが、HDDが壊れたら、どんなにサポートが良くても何もならない。
筐体を開けた時に、内蔵のHDDが3.5インチのIBM製と分かったが、そこに「DO NOT COVER THIS HOLE」(確かそんな感じ)とか書かれた1mm程の穴が有るが、筐体を閉じようとするとIDEのケーブルが丁度被さってしまうが、こんな設計ミスのような配線にも問題が有るんじゃないかと思ってしまった。
[more...]

23:05:08 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

August 04, 2005

祝! iTMS-J 開始!

iTMS-J logo
オオカミ少年常連のAppleが今回は珍しく、ウワサされていた通りアップルストア渋谷店の開店に合わせる様に、日本版のiTMSのサービスを開始していました。

iTunes Music StoreにiTunesでアクセスし、(これまで、アメリカのミュージックストアに時々アクセスしていたので)[Choose Store →]をクリックすると「◎ Japan」アイコン がド真ん中に有りました。
日本のミュージックストアから「Music Store を選ぶ →」をクリックした所、「◎ 日本」が右端の下から2番目に表示されていました。言語によって、アイコンの順番が変わるみたいです。

右上の「アカウント」をクリックし、Apple ID(Apple Storeで以前から使用していたもの)を使って簡単にサインインできました。
折角サインイン出来たので、何か買わなければと思い、「Today's トップアルバム」の1位、ウルフルズの「iTunes Originals - ウルフルズ」26曲(1:12:19 70.8MB)/1,500円 を購入しました。(開店直後の割には、ADSL 12Mでもそこそこの速度でダウンロードされました。)
今まではCDからのリッピングばかりで、アートワークをわざわざ設定した事が無かったので、iTMSからダウンロードした曲には、アートワークが付くのが良いです(CDジャケットに印刷するには、もう少し解像度が欲しい気もしますが)。

iTunesの環境設定で、1-Clickを使う設定にしていたので、[アルバムを購入]ボタンのクリックで確認ダイアログが開き、OK後すぐダウンロードされるので、衝動買いを避ける為にも、「ショッピングカート」を利用する様に設定した方が良さそうです。(Amazonの様にウィッシュリストが有れば良いのですが、ショッピングカートを使えば、気になった曲をとりあえず追加しておいて、後で冷静になった時に取捨選択して、曲を購入できます。)

100万曲でサービス開始とは言え、買いたいと思わせる曲が意外と少ない印象で、これまでの国内最大は15万曲らしいので、日本で音楽のダウンロード販売が流行らなかった理由の1つが、品揃えの悪さだと言う事が良く分かりました。

早速、国内各社はiTMS-Jの1曲150円(時々200円)に合わせて、(値段だけが売れない理由じゃないけど…)値下げし始めた様です。

今後は、物理的にCDで出すと赤になる過去の音源やマイナーな音源が、「メジャー/マイナー」関係なく、iTMSという同じ条件の元で「良いか/悪いか、好きか/嫌いか」で、「売れる/売れない」がハッキリして行くと面白いのですが。


23:58:28 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

August 03, 2005

出たっ! ネ、ネズミー!! えっ、Mighty Mouse?

iMac G5 logo
以前、Appleがマウスに関しての特許を取ったニュースが有りましたが、もう完成して、発売されるらしいです。

名前は「Mighty Mouse」(税込価格5,670円)です。
これまでの1ボタンマウスと外観は変わりませんが、中央にIBMのノートパソコンで見た様な、突起が付いているのが特徴の様です。
Tigerのためのマウスとの事で、Tigerなら標準でカスタマイズに対応するみたいです。

「仕様」ページを見ると、Macだけでなく、Windows 2k, XPでも使える様です。
iMac G5はBluetooth内蔵なので、USBではなく、Bluetoothなら1-clickしてしまったかも。

「デザイン」ページを見ると、操作に関して、マウス内蔵のスピーカから音が出るとか…当然切れる様になっているとは思いますが、別にスピーカは要らないのでは? 強者がiTunesの音楽を、Mighty Mouseから再生させる方法を考え出すかもしれないので、楽しみでは有りますが。

「ソフトウェア」ページの設定画面を見ると、シンプル過ぎてちょっと物足りない気もします。特にダブルクリックの設定がスライダだけなのは…ダブルクリックの動作テストができないのは問題有りな気がします。

Appleが新しい製品を出すと、刺激されたサードパーティやプログラマがいろいろと面白い事を始めてくれるので、これから楽しみです。
マウスのサイドにある、感圧センサーを使ったゲームとかも出てくるかも知れません。

Appleには是非、早急にBluetooth版「Mighty Mouse」も発売して欲しいです。


00:15:19 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

August 01, 2005

Apple Store, Shibuyaa 8/6グランドオープン!

iTunes Logo
アップルじゃなくてAppleから「8月6日(土)グランドオープン - Apple Store, Shibuyaa」のタイトルで、メールが届いていました。

渋谷店の表記が「Shibuyaa」なのか?…とちょっと期待しましたが、メールのタイトルだけが間違っているようで、やっぱり「Shibuya」が正しい様です。

リテールストアのオープンもニュースですが、今一番多くの人が関心が有るのはiTMS(アイチューンズミュージックストア)のオープンでしょう。
ついでに8/6に日本版のiTMSもオープンになると良いのですが。


21:43:29 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks