March 26, 2006

ヴォイニッチの科学書

OUT TO LAUNCH Logo
インターネットラジオ局「くりらじ」にて毎週土曜日更新の番組「ヴォイニッチの科学書」が本になったので、購入しました。

最新科学おもしろ雑学帖技術評論社より出版されています。
私はAmazonで予約して購入しましたが、3/18の発売日から2、3日後に届きました。(定価1,449円って、1,500円から送料無料のAmazonに配慮して…かと思いました。)

まだ2章まで読んだ所ですが、もくじを眺めただけでも8章で合わせて203項目有り、それだけで読み応えが有ります。
もくじP.008で1カ所8章:189の見出しが「ナノガラスにわって…」になっていますが、本文P.222では「ナノガラスよって…」と誤字を発見。(本の内容にツッコミを入れられる程の知識が無いので、アラ探しくらいしか出来ないのが悲しい…。)
1項目1〜2ページ(本文P.009〜P.236)で、1ページが1行18文字×21行の2段(計756文字)なので、簡潔に最新科学のトピックスを紹介されている形ですので、読み終えると身の回りの科学について一通りの知識が得られる様になっています。
興味を持った項目(光の早さは本当に一定か?とかミトコンドリアは本当に母親からしか受け継がないのか?など)が有れば自分で本やネットで調べるというきっかけを与えてくれる本です。ポッドキャストも流行っているので、番組「ヴォイニッチの科学書」を聞いたり、サイトを見たりするのも良いと思います。

くりらじの「特番」などでも出版の経緯が紹介されていましたが、この量を専業ではないのに短期間で書き上げたのは本当に凄いです。
著者の中西貴之(おびお)さんは、『メガスター』でギネスに載り、最近は「違いの分かる男」としてCM出演中プラネタリウムクリエイターの大平さんと同じ「貴之」というお名前ですので、もしかすると姓名判断では科学の方面で才能の有る名前…だったりするのかも知れません。


『ヴォイニッチの科学書』
X51.ORGに掲載の
解読不能の書 ヴォイニッチ手稿の謎
解読不能の書 ヴォイニッチ手稿はデタラメか (1)
解読不能の書 ヴォイニッチ手稿はデタラメか (2)
という記事で「ヴォイニッチ」がどういうものか知りました。
Posted by 3k1 at 09:25 P | from category: science | TrackBacks
Comments

3k1:

2013/8/18 リンクログの管理室からこのエントリに付いたスパムコメントがどうしても消せなかったので記事を一旦削除して追加し直し。
元のコメントも追加し直し。

リンクログのコメント編集、含まれる文字によって表示されなくなる事があって不便。
1つ1つのコメントを記事の編集ページから削除出来るようになって欲しい。
(August 18, 2013 09:36 P)

3k1:

3LOBB3K1:
 なかにし様、コメント頂きありがとうございます。
あまりに恐縮で、コメント頂いた8月時点で「くりらじ」へメールを差
し上げるべきか、コメントでお礼をするべきか、ずっと悩んでおりまし
た。
どのような形でも返事をしないのはあまりに失礼と思い、なんと書いて
良いのか分かりませんが、無責任に本の事をブログに書いたものをお読
み頂いただけでなく、コメントまで頂きありがとうございました。
「ヴォイニッチの科学書」(と「くりテク」)は週の初めの通勤時に聴
く事を楽しみにしていまですので、これからも必ず聴かせて頂きます。
-- ブログへのアクセスログを見ると、殆どが検索エンジンのロボットしか 見ていないため、最初にコメントを見た時は信じられず、とても良くで きた悪戯かと...すみません。
頂いたコメントのIPを確認しました所、くりらじ本局が含まれる地域の 電力会社の管理するIPでしたので、もしかして...本当に著者の方か も...と緊張してしまいました。
「くりらじ」で一番最初に聴き始めたのが「ヴォイニッチの科学書」 で、その後「くりらじテクノロジーニュース」や「am@dion」、「む んころ」「いちひめ」「くりらじCycling Podcast」(ヴェルタでは募 金させて頂きました)...と通勤電車内では「くりらじ」漬けになってい ます。(BJさんが言っていた様に「くりらじ」には中毒性が有るかも 知れません。)
(September 18, 2006 03:31 P)
(August 18, 2013 09:37 P)
:

:

Trackbacks