August 04, 2005

祝! iTMS-J 開始!

iTMS-J logo
オオカミ少年常連のAppleが今回は珍しく、ウワサされていた通りアップルストア渋谷店の開店に合わせる様に、日本版のiTMSのサービスを開始していました。

iTunes Music StoreにiTunesでアクセスし、(これまで、アメリカのミュージックストアに時々アクセスしていたので)[Choose Store →]をクリックすると「◎ Japan」アイコン がド真ん中に有りました。
日本のミュージックストアから「Music Store を選ぶ →」をクリックした所、「◎ 日本」が右端の下から2番目に表示されていました。言語によって、アイコンの順番が変わるみたいです。

右上の「アカウント」をクリックし、Apple ID(Apple Storeで以前から使用していたもの)を使って簡単にサインインできました。
折角サインイン出来たので、何か買わなければと思い、「Today's トップアルバム」の1位、ウルフルズの「iTunes Originals - ウルフルズ」26曲(1:12:19 70.8MB)/1,500円 を購入しました。(開店直後の割には、ADSL 12Mでもそこそこの速度でダウンロードされました。)
今まではCDからのリッピングばかりで、アートワークをわざわざ設定した事が無かったので、iTMSからダウンロードした曲には、アートワークが付くのが良いです(CDジャケットに印刷するには、もう少し解像度が欲しい気もしますが)。

iTunesの環境設定で、1-Clickを使う設定にしていたので、[アルバムを購入]ボタンのクリックで確認ダイアログが開き、OK後すぐダウンロードされるので、衝動買いを避ける為にも、「ショッピングカート」を利用する様に設定した方が良さそうです。(Amazonの様にウィッシュリストが有れば良いのですが、ショッピングカートを使えば、気になった曲をとりあえず追加しておいて、後で冷静になった時に取捨選択して、曲を購入できます。)

100万曲でサービス開始とは言え、買いたいと思わせる曲が意外と少ない印象で、これまでの国内最大は15万曲らしいので、日本で音楽のダウンロード販売が流行らなかった理由の1つが、品揃えの悪さだと言う事が良く分かりました。

早速、国内各社はiTMS-Jの1曲150円(時々200円)に合わせて、(値段だけが売れない理由じゃないけど…)値下げし始めた様です。

今後は、物理的にCDで出すと赤になる過去の音源やマイナーな音源が、「メジャー/マイナー」関係なく、iTMSという同じ条件の元で「良いか/悪いか、好きか/嫌いか」で、「売れる/売れない」がハッキリして行くと面白いのですが。


Posted by 3k1 at 11:58 P | from category: Mac | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks