December 23, 2008

MacBook インプレッション:3

MacBook Al Unibody logo
【ユニボディ】
・本体
MacBook(Late2008)で採用されたアルミ削り出し「ユニボディ」は、とにかく高精度でガタがなく触っていて安定感・安心感が有ります。
MacBookは本体のサイズも大きすぎず小さすぎずで、ユニボディの恩恵を一番受けている気がします。価格を考えると本当に満足度が高いです。(12.5万円で売ってる所もあるらしい…。)

ユニボディはキーボードの付いている上面から側面、そして底面の一部にかけて一体で継ぎ目無く、アルミのブロックから削り出されているので、上面から側面にかけては特に気持ちの良い直角になっていますが角が鋭い訳ではなく、エッジには絶妙なアールが施されていて、掌と指先どちらで触っても更に意地悪く横滑りさせても痛く感じませんでした。
(以前某国産ノートを触っていてパームレストの部品の継ぎ目に手首の毛?が挟まってチクチク痛かった事がありますので、継ぎ目が無いのは触っていて安心です。)

ポート類の位置にも狂いが無く、そのスキの無さには緊張感さえ漂います。USBコネクタをポートに挿す時も「シャコッ」と音がする程のカチッっとした感じが気持ち良いです。iMac G5のUSBポートはかなり固くて使いにくかったので、MacBookは適度な抵抗で使い易いです。
MacBookのポート類は本体左側に集まっていて、USBポート(×2)も本体左側ですがコネクタはきちんと上向きでした。(某国産PCで、右側にあるUSBポートは上向きで、左側のUSBポートがウラ向きで驚いた事が有ります。USBで一番キライなのは方向が有る所なので、統一されていないとイライラします。)

キーボード面は削り出しできれいに凹ませ、そこにキートップに合わせて角丸四角の穴がレーザで開けられ、キートップと天板の隙間が小さく、ゴミがキーボードの隙間に落ちにくい構造なのが良いです。
(最近VAIOの一部機種も同じ様なキーボードの構造を採用していたので店頭で触ってみましたが、液晶パネルを閉じた時にキートップが当たらない様に凹ませている部分が中途半端にデザインされているためか、キーボードの左右に消しゴムの様なゴムパッドが生えていてシンプルさがなくカッコ悪く感じました。Sonyには従来通りスカートの有るキートップで革新をして欲しいです。2009年1月に革命的なVAIOが出るらしいので。)


・電源ボタン
MacBookはキーボードの右斜め上に丸い電源ボタンが有りますが、一瞬印刷されているだけかと思うぐらいに真っ平らで、指先で触ってやっと丸い輪郭が感じられます。
電源ボタンもAppleらしくLEDが埋め込まれている事も無く、電源を入れる時に1度触った後はその存在が消えてしまうかのような控えめなデザインがシンプルでいい感じです。

ただ、電源ボタンを押すとフニャ〜っと柔らかく沈む感じなのがちょっと頼りないかも…個人的にはクリック感のあるスイッチの方が好みですが、まあ壊れにくければどちらでも良いかも。

電源ボタンの位置もAppleのノート製品は右上で、円形で統一されている印象が有りますが、他社PCでは電源ボタンの場所や形状、素材、さらには操作方法(押しボタン、スライド式など)まで様々で、メーカによってはモデル毎に変化している事も有り、電源の入れ方に悩む事が有ります。
(電源ボタンに付いているマークを見て「りんご」みたいだと言っているのを聞いた事が有りますが、シーソー式スイッチの場合、入が「1」、切に「0」が印刷されている事があり、押しボタンでは入/切を1つのボタンで出来るので「1」と「0」が組み合わされたこのマークが使われているのだろうと思います。)

職場で数年前に導入していた某ノートPCは電源ボタンが時々本体内にボロッと落ちてしまう造りの悪いシリーズが有り、多分Windowsが終了できず電源ボタンの長押しを繰り返したせいだと思いますが、それにしても構造に問題があると思いました。MacBookの電源ボタンがそうならない事を祈りたいです。


・電源ランプ
MacBookの手前(前面)の右端に横長の黒いスリットが有りますが、これは電源ランプでは無く赤外線の受光部でした。(MacBookには赤外線受光部を活用できるリモコンは付属していません…残念。)
電源ランプはその左に1センチほど離れてうっすらと色の違う部分になります。
電源ランプの表示窓は触っても平らで、MacBookの電源を入れた直後やスリープさせた時に白色LEDで背後から光が透けて見えますが、おそらくこれもレーザで細かく加工されたものだと思われます。
(iMac G5では電源ランプは電球色だったので、最初に見た時はAppleにしては珍しく白色LEDか…と思いました。)

他のメーカのPCは、起動中はずっと電源ランプが緑で点灯していますが、MacBookやiMacではシステムが起動してディスプレイへの表示が始まるとそこで電源ランプは消灯してしまうので、Appleは余計なランプを点灯させる事を余程嫌っているのかも。
(流行で電源ランプに青色LEDを使う製品も見かけますが、高輝度タイプなのか設計が悪いのか、殺人的な明るさだったりするのでAppleの様な控えめな表示を見るとホっとします。)


・ゴム足
MacBookの底にあるゴム足は簡単には取れない感じで安心しました。
素材は、ゴムというよりは滑り難くした樹脂という感じでテーブルの素材によっては滑るかも知れませんが、ゴム足の面積に対して高さがないので滑らせた時に摩擦でゴム足がポロッと取れてしまう事は無さそうです。(ずりずり滑らせているとすり減ってしまうかも知れませんが。)

底面パネルを、レバーを起こして取り外すとゴム足の取り付け機構が分かります。
構造を見ると、単に底面パネルに接着しているのではなく、ゴム足の径に合わせて底板を丸く凹ませた所に嵌め込み、さらに中央に1つとすこし離れたところに位置決め用?の小さな穴のが有り、そこに嵌め込まれたうえでさらに接着や熱処理かなにかで固定されている様です。
(職場の国産ノート&モバイルはいまだに凹みにゴム足を接着しているだけで、ゴム足の高さも数ミリ有るので数年で接着力が落ち簡単に剥離してしまいます。特にモバイルは持ち運ばれる際に鞄等に放り込まれるので、ゴム足が摩擦で取れ易く、リース切れまで全てのゴム足が残っている事は殆ど有りません。過去にAppleはゴム足が取れ易いとクレームが有りそれに対応している様ですが、国産メーカはクレームが無かったのか対応していない様です。)


・底板
底面のパームレスト側に有る底板は、レバーを起こす事で簡単に外れ、バッテリとハードディスクに簡単にアクセスできます。あまりに簡単にアクセスできるので、よく持ち運ぶ方は盗難やイタズラががちょっと怖いかも…。(一応ハードディスクを外すにはネジを外す必要が有りますが。)
天板はユニボディでがっちりですが、底板はアルミ?の薄板のため、ちょっと無理すれば変形させてしまいそうで不安になります。
底板を固定しているレバーは、バッテリを固定する機能も持っているので、底板を外した後にレバーを戻すとバッテリが外せなくて焦りました。もうちょっとで無理矢理バッテリをひっぺがす所でした。
底板を戻す時は手前側からツメに合わせて取り付け、最後にレバーを戻して閉じます。この辺りはユニボディと底板の精度の高さでピッタリ嵌ると気持ち良いです。(適当に閉めると左右の隙間が微妙にバランス悪くなるので、つい神経質に左右対称にしようとしてしまいますが…。)
つづく
Posted by 3k1 at 08:41 P | from category: Mac | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks