November 11, 2006

DVD:『カーズ』

DVD Video
Amazonへ久しぶりに寄って見たら、『カーズ』のDVDが発売になっていたので購入しました。

映画の公開からそれほど時間が経っていなかったのと、TVCFなども特になかったので、この時期にDVDで出てくるとは思いませんでした。
(十一月十一日は『電池の日』。PS3の発売日と知ったのは昨日のTVCFを見てから…大丈夫か東京通信工業…。)

iMac G5 20"で早速観てみましたが、Discを入れ「DVDプレーヤー.app」を起動すると、ウインドウタイトルが文字化けしていてちょっと残念…。(おそらく『カーズ』だとは思いますが。)

気を取り直して全画面表示(command-0)で再生を開始…なかなか本編が始まらないのは相変わらず…コピーすんなとか大勢に見せるなとか、金を払っている者にたいしてコレかよ…といつもの嫌がらせを[menu]ボタンで飛ばして本編を鑑賞。

『カーズ』を観ての素直な感想は、安定した面白さで何度かウルっと来る所もあり、買って良かった…でした。
最後のレースシーンはスポーツマンシップな感じが強調されていて、現実の「美国」は…といらん事を思ってしまいましたが…。

車メーカや車種でキャラクタの性格付けをしたのは良いアイデアだと思いました。
(独伊は出て来ますが、日は出て来ません…車でもキャラが無いのか弱いのか…。)


「美国」で思い出しましたが、「コードギアス 反逆のルルーシュ」と言うアニメの設定で、日本は「エリア11:イレブン」とか呼ばれていますが、現実は「エリア51」(「美国」51番目の州)の様な気が…。
もしも「51」なら中間選挙の投票権も有るはずですが、それも無い所をみるとコロニー以下の扱いなのかも…。


以下コメント:(スパムコメントが削除できなかったため移動)

surubon:
私も『カーズ』買っちゃいましたよ、しかもAmazonで(笑)
ディズニー/ピクサー作品は何本かもってますが(子供が喜ぶのでつい買ってしまいます)子供はもちろん大人も楽しめる映画ですね。プラス「クルマ好き」ならさらに楽しめます。CGの美しさもビックリですがなかでも音楽やアメリカの荒野の風景が古き良き時代のアメリカ映画を思い起こさせる「映画好き」にもいい感じです。とりあえず日本語でみましたが声優にポール・ニューマンが出演してるらしく今度は「英語」でみてみます。面白いのが「日本語」でみると道路標識や看板が「日本語」になってること。こんなこともできるんですねDVDだと。DVD仕様ならではのスペシャルですねこれは。3K1さんの指摘もあったので日本車をさがしてみました。これは「クルマ好き」でないと見逃しそうですがちゃんと出てますよ日本車。輸出名「ミヤータ」マツダのロードスターです。双子のファンです。流行物が大好きな日本人をうまく風刺してると私は見ましたがいかがでしょうか(笑)
(November 15, 2006 10:28 P)
3K1_20061119pm0454:
日本車、出ていましたか…さすがsurubonさんです。

車には詳しく有りませんが、マツダのロードスターってロータリーエンジンでしたっけ。
ドイツ生まれのアイデアですが、世界で唯一実用化したマツダの技術は、本当に凄いです。
前の職場の先輩が乗っていて、高速に乗るとガソリンがみるみる減って行くのが分かる…ほどの燃費が問題になった事も有りましたが、バイオ燃料が廉価に入手出来て環境負荷が小さければ、小型で騒音/振動が少なくてパワーの出せるロータリーエンジンは魅力的です。

個人的には内燃機関も味が有って良いですが、8輪の電気自動車も21世紀らしくて期待したいです。
ELIICA  http://eliica.com/
(November 19, 2006 04:54 P)
3K1_20061119pm0609:
『ピクサー展』 http://kobe.qlep.com/pixar/ が兵庫県立美術館で 2006/12/2sat〜2007/1/14sunに開催されます。

12/2は込みそうなので、それ以降の12月中には行ってみたいです。
当日券1200円ですが、「割引クーポン」 http://kobe.qlep.com/pixar/... を印刷して持って行くと1000円になるようです。
(November 19, 2006 06:09 P)
surubon:
残念ながらロードスターにはロータリーエンジンは載ってません。ドイツのバンケル博士が開発したのでパンケルエンジンともいわれます。
初代は1600ccの4気筒DOHC。その後1800ccが搭載され現行モデルは2000ccまで拡大されました。今でも初代1600ccがロードスターの本来の姿だといいきるファンは多いようです。ロータリーのコンパクトさから搭載されないのが不思議なくらいだったのですがやはり燃費とかいろんな大人の事情があったのでしょう(笑) 実は私もロータリーの独創性にほれてる一人です。我が家では親父が最初に買ったのがマツダファミリアバンで次に買ったのがロータリーのルーチェだったんです。とにかくロケットのような加速は今でも覚えてます。横にのっててわくわくしたもんです。燃費はずいぶんわるかったようですが。でも現在の唯一のロータリー搭載車RX-8は同クラスの車と比べても燃費に関してはハンデがないくらい良くなってるみたいです。プロジェクトXで開発秘話が放送されてましたが「ドラマ」があるエンジンです。マツダにはロータリーの火を消さないよう頑張ってほしいですね。そういえばルマン24時間耐久レースで4ローターのチャージマツダ787Bが優勝した時は我がことのように嬉しかったです。皮肉なことにルマンでの勝因は787Bの車体の軽さとの"ロータリーエンジンの燃費の良さ"が勝利をもたらしたとか。レースの世界では小排気量でパワーの出るロータリーは燃費の面で逆に有利に働いたようです。ちなみに今年はディーゼルエンジンのアウディが総合優勝したりなんかしておもろいですよ。
http://corism.221616.com/ar...
(November 20, 2006 12:58 P)
3k1:
そう言えば、マツダロードスターはロータリーエンジンでは無かったですね。うろ覚えですが、オープンカーだったかも。
乗せてもらった事が有る車の名前も今思い出すと、「コスモ」とか言う名前だったかも…。
ロータリーエンジンの音と振動は車に詳しくなくても分かる、独特の「ゴロゴロゴロ…」で、回転数が上がっても五月蝿く無かった記憶が有ります。
(そう言えば以前…ラ●ホから飛び出して来た車に当てられて、キレて相手をボコボコにしちゃった…という先輩の武勇伝を思い出しました。)
(November 23, 2006 03:48 P)
Posted by 3k1 at 09:15 P | from category: Manga & Anime | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks