December 18, 2005

さようならマッキントッシュ

Apple Old Logo
10年前の今頃、1995年の暮になってようやく「Windows 95」が日本で発売された。

この年の12月に発売された某誌1996年1月号に『さようならマッキントッシュ』という特集が掲載された。

あれから10年…

2005年末現在、アップルからマッキントッシュは販売されていない…



Posted by 3k1 at 06:49 P | from category: さようならマッキントッシュ | TrackBacks
Comments

3K1:

私がMacintoshユーザになったのは、13インチモニタ一体型のLC520が出た1993年秋、三ノ宮のせいでんで購入しようとした所、店員さんのナイスなアドバイスでたまたま有った在庫?のIIvxを13インチモニタ付きでLC520より数万高い程度で買いました。

後から昔からのMacユーザにはデザインが不評な機種だと雑誌等で知りましたが、それまでMSXユーザだったので、初めてHDDやCD-ROMドライブの付いている本物のパソコンだったので、とても楽しめました。

当時会社で使っているPCと言えばMS-DOSかWin 3.1... 8.3形式のファイル名が普通だと思っていた所がMacは32文字で拡張子不要、カルチャーショックでした。
Macは日本語が云々とDOS/Win雑誌に書かれていましたが、実際使ってみると日本語フォントも複数利用出来(Win3.1は確か数個しか入れられなかったはず)、多少バカですがことえりは十分使い易いIMでした(WinのIMEで使うF7-10キーに相当する操作がcontrol-J K L ;なのは、ホームポジションから動かさずにすむのでとても使い易いです)。漢字Talk7.1からMacユーザになったので、日本語の処理が不便だと思った事がないのは幸せです。

ディスクもAドライブCドライブではなく、仮想化されたボリュームとして扱うために柔軟で、名前も自由に付けられましたし、特に便利だったのは、イメージディスクでした。
(February 05, 2006 12:02 P)
:

:

Trackbacks