February 09, 2008

ゆくかわのながれはたえずして:『生物と無生物のあいだ』

OUT TO LAUNCH Logo
微生物とクジラの本の次に読んだのが「生命とは何か?」がオビのアオリ文句の『生物と無生物のあいだ 』です。

中学か高校生頃に「エントロピーの法則」という言葉:宇宙はビッグバンの超高温から徐々に冷えてぬるくなって温度が一様になってオシマイになると言う事を何かで知りましたが、これがこの宇宙を支配する法則なら、生命は何となくこの法則に反しているか、逆らっている様な気がしていましたが、それが本書を読む事で生命もまたこの法則から逃れられない事が分かった…気がします。(結局気がする程度で理解には程遠いのは、本書のせいではなく、私の理解力の無さのせいです。)

プロローグの問い「人は瞬時に生物と無生物を見分けるけれど、それは生物の何を見ているのでしょうか。そもそも、生命とは何か、皆さんは定義できますか?」を読んで、確かに公園でうたた寝をしている野良猫を見分けている自分を思い出しました。
言われてみれば、猫は遠目にはそこにじっと動かないので景色に溶け込んでいるはずですが、確かに生物としての猫を背景から切り出して見ています。生物と無生物を分けているものは一体なんでしょうか。

本書のテーマは生物と無生物の違いを考察する事ですが、中に書かれたエピソードで私が面白いと思ったものをピックアプすると、以下のものが挙げられます。

 P.18:相反する野口英世像
 P.75:PCRマシンが起こした革命
 P.83:死んだ鳥症候群
 P.100:同業者による論文審査
 P.134:第8章 原子が秩序を生み出すとき
 P.152:第9章 動的平衡とは何か
 P.248:ES細胞とは何か
 P.274:エピローグ

[more...]

18:37:28 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

醸し力(かもしりょく):『人を助けるへんな細菌すごい細菌』

OUT TO LAUNCH Logo
くりらじ「ヴォイニッチの科学書」で有名な中西貴之さんの「最新科学おもしろ雑学帖」に続く第2弾「人を助けるへんな細菌すごい細菌」を読みました。
丁度本書を読み始めた頃にTVで「もやしもん」の放送が始まり、オリゼーのカワイさに醸されてしまいました。

環境破壊について色々とニュースになったりもしますが、結局ヒトの住む環境は空気の有る地上だけの狭い世界しか見えていないと本書を読むと気付かされます。
この地球は大気中や地上だけでなく、水中、海中、海底、地中…文字通り生命に溢れている事に気付かされます。
また、外側だけでなく、ヒトの体内にはヒトの細胞(60〜100兆個)を遥かに超える数(100〜1000兆個)の細菌と共生している事を知り、菌がより身近に感じました。
[more...]

18:33:01 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

『クジラを捕って、考えた』を読んで、考えた

OUT TO LAUNCH Logo
最近、ネットやTV、新聞などで捕鯨反対派の過激な行動についての報道が、ニュースとして取り上げられる事が多くなってきたので、「調査捕鯨」についての知識を得る為に『クジラを捕って、考えた』を読んでみました。

私が食肉としての「クジラ」で思い出せるのは子供の頃、ウスターソースたっぷりの薄くて硬いクジラカツや、給食で出た硬くてパッサパサの口が渇いてパンに合わない立田揚げくらいで、安物ばかりだったためか美味しかった記憶は有りません。
その為、食卓から鯨肉が消えても一向に気にもしませんでしたし、残念とも思いませんでした。

捕鯨についての知識も、子供の時に見た船の図鑑で尾びれを船尾からはみ出させた捕鯨船のイラストや、神戸港の施設に有った捕鯨の様子を再現したミニチュアを見た程度。(ミニチュアは南氷洋で逃げるクジラとそれを追う船の模型で、ボタンを押すとモリが発射される音がスピーカから再生され、ドーンという音とともにクジラがクルっとひっくり返って腹を上に見せるという、いかにも博物館などに置いてそうな装置でした。)
捕鯨の歴史については世界史で「ペリー浦賀に来航:1853年」を習った際、アメリカが日本に開港を迫った理由の一つに、捕鯨船の補給の為に日本の港が使いたかったからだと知り、そして欧米諸国が鯨を必要とした理由を知りました。


調査捕鯨についてはこれまで漠然としたものも含めて殆ど知識が無く、毎年の様に繰り返される過激な環境保護団体の妨害のニュースを聞き流す程度でした。

本書を読んで「調査捕鯨」が、未だ生態の不明なクジラ類の調査を行っている事と、食肉を得る為の商業としての捕鯨、マグロ漁に代表される遠洋漁業の象徴…などあまりに様々で複雑な問題を背負い込まされているゆがみを感じました。
[more...]

18:18:30 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

December 09, 2007

Independence Day:Googland建国?

science logo
ちょっと前のニュース2007年11月28日『Google、石炭より安い再生可能エネルギー開発イニシアチブを発表 - ITmedia News』を見て、Googleの社是「世界征服」が着々と進んでいる事を感じました。

「石炭燃料より安い再生可能エネルギー」にどの様なものが有るか分かりませんが、「株式会社 エラクトラ」のマグネシウムを使ったエネルギーサイクルは、燃料電池を使った水素サイクル以上に魅力を感じます。

Googleの勢いはこの先10年は続きそうなので、今に月に基地を作って核融合発電所建設、さらに宇宙ステーションを作って地球から独立宣言しかねない(どうせならそこまで行って欲しい)…かも。

[more...]

15:05:21 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

March 17, 2007

ツァイス&メガスター:観てきました

science logo
2007年3月17日 11:30〜12:20 一般投影<星の王子さまの見た星空>で、 初「MEGASTAR」を見て来ました。
土曜日午前中の投影のためか多少空席が有りましたが、整理券が発行される程の盛況でした。


御神体「MEGASTAR-II」(Minerva)と50年戦士カールツァイス・イエナ社(旧東ドイツ)製「Universal23/3」のツーショット。
ツァイス&メガスター
メガスター(ミネルヴァ)がまるでツァイスの補助投影機の様…この小さな体にどれ程の能力を秘めているのかとても楽しみでした。

今日見て来ました、一般投影<星の王子さまの見た星空>はメガスターなしで成り立つ番組のため、メガスターを堪能するのは特別投影<メガスターで楽しむ天の川の名所めぐり>の方が良いかも知れませんが、「ツァイス&メガスター」として楽しめました。

TVなどメディア越しでは無く今回初めて自分の目で「MEGASTAR」の星空を見たのですが、演出として最初にツァイスの星空を投影し、その後メガスターの星空に切り替わりました。(拍手と歓声…の練習付き。)
ツァイスの星空はこれまで何度か見ているせいか、ドームの大きさを感じる距離感と、白い星も少し黄味がかった電球色に見えるのですが、メガスターの星空は星までの距離がグッと遠くなった様な立体感が増した感覚と、蛍光灯の様な星の色の白さが印象的でした。
410万個の星を投影出来るメガスターですが、星が多過ぎて星座を構成する明るい星が埋もれて見難くなる事も無く、1等星が小さな点で明るくきらきら輝いているのが不思議でした。(ブライトスター投影機でしょうか?)

プラネタリウムを作りました。」に、制作者の大平さんが試験的に自室で投影した際に天井が抜けたと表現されていた通り、天文科学館の投影ドームの天井も抜けた様な星空でした。
もっともっとメガスターの星空を見てみたいので、特別投影<メガスターで楽しむ天の川の名所めぐり>が楽しみです。

3年後のツァイスの引退は確かに残念ですが、メガスターの様な最新の投影機で深みの有る星空が見られる様になるのはかなり魅力的です。
出来れば3年後に明石市立天文科学館バージョンの最新鋭OHIRA製メガスターが見られると嬉しいです。
(もしもメガスターが導入されるとしたらそのネーミングが楽しみです。珍しく男性で柿本人麻呂から「MEGASTAR Hitomaro」とか、やっぱり東経135度 日本標準時から時の女神「MEGASTAR Horae」になったりするのでしょうか。)


15:32:00 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks