June 08, 2013

Windows7:ドロップしたフォルダーを設定した位置とサイズで開くスクリプト(VBS)

Teikoku Logo
今年から職場で使い始めた Windows7 で、最大の不満を解消!…とまでは行かないけど、なんとか我慢できる程度には改善できた。

Windows7でウィンドウを開くスクリプトについてツイートしたのが2/14…、1月にWindows7を使い始めてから1ヶ月で余りで、その使い勝手のあまりの悪さに、ついに我慢出来なくなったのか…w



参考にしたのは Microsoft Communitiyの エクスプローラーを使う時のサイズ、位置、レイアウトを各フォルダで個別に記憶させたい の回答に載っていたスクリプト「hoge.vbs」

--
hoge.vbs
--
Set ie=GetObject("new:{C08AFD90-F2A1-11D1-8455-00A0C91F3880}")
ie.Top=100
ie.Left=200
ie.Height=500
ie.Width=700
ie.Visible=True
ie.Navigate2 "shell:my pictures" 'フォルダパス
Do While ie.Busy Or ie.ReadyState<>4
WScript.Sleep 100
Loop
ie.Document.CurrentViewMode=4 '4-詳細
--

Windowsの「メモ帳」に貼り付け、ファイル名「hoge.vbs」で保存して、出来た「hoge.vbs」をダブルクリック。見事!「マイピクチャ」のウィンドウが、スクリプト内で指定された「上から100ドット、左から200ドット、高さ500ドット、幅700ドット」で開いた!素晴らしい!!

「'フォルダパス」の手前のダブルクォーテーションで囲まれた所にフォルダーのパスを入れるだけで使えて便利。
例えばローカルの「D:\FolderName」とか、サーバー上の「\\ServerName\FolderName」とか、仕事で良く使うフォルダー毎に何個が作ると格段に便利になった。

こうなると欲がでて、スクリプトファイルにドラッグ&ドロップしたフォルダーを、決まった位置とサイズで開いてくれると便利!と思い、VBSのリファレンスとかサンプルのスクリプトをググってなんとか作ってみた。
[more...]

15:31:43 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks