February 16, 2008

Mac OS X(Leopard):10.5.2へアップデート

iMac G5-Leopard logo
家のiMac G5で使用している「Mac OS X 10.5」(Leopard:レパード)にアップデート「10.5.2」が出ていたので適用しました。
ファイルサイズが300MBを超えるゴツいアップデートでしたが、ADSL(50Mでも多分12Mとどっこい)でも数分でダウンロードされました。

さすがにデカいファイルなので展開/インストールにたっぷり10分程度掛かったかも。
再起動され起動したかと思うとすぐに起動プロセスが最初にもどったので一瞬?と思いましたが、Mac系のニュースサイトにも2回再起動されるという表現があったのでこれがそうなのかも。

「10.5.2」は色々修正が有る様ですが、私にとって一番はやはり「Dock」に登録した「Stacks」に「内容の表示形式:リスト」が加わった事…まぁTiger:10.4以前に戻っただけかも知れませんが、Tigerの時は右クリックででしたが、クリックで階層を辿れる様になった分Leopardの「Stacks」の方が一応進歩しているみたいです。
余程フィードバックに要望が有ったのかも知れませんが、アップデートできちんとユーザの要望に応える姿勢には好感が持てます。

後、小さな改良かも知れませんが嬉しい修正として、メニューバーが半透明/不透明を選べる様になったのが良かったです。
「システム環境設定」から「デスクトップとスクリーンセーバ」の[デスクトップ]タブを開くと「半透明メニューバー」と言うチェック項目が有り、チェックを付けるとレパードで採用された半透明表示のメニューバーのままですが、チェックを外すとグレーの不透明なメニューバーになり視認性が格段にUPします。

レパードになってメニューバーが半透明になったせいでデスクトップに設定した画像によっては(特に暗めの画像の時は)メニューの視認性に問題が有ったので、半透明をオフに出来る機能は有り難いです。
おそらく半透明メニューバーについてもユーザからアップルへ相当の改善要求が有ったと思いますが、Aquaで半透明を導入したアップルがそれをオフにする機能を追加するのは柔軟な対応だと思いました。
[more...]

17:24:19 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

♪バレンタインデー Update 〜:(Windows Vista)

Teikoku Logo
2月14日、出社して職場のVistaにログオンすると「Windows Update」が重要な更新を5個通知してきました。

いつもの様にインストールを選んで処理を進め4個は成功しましたが、残り1個「Windows Vista 用の更新プログラム(KB938371)」が何度も失敗する…もしや、と思いローカルの管理者ユーザ「administrator」でログオンし直してインストールすると…ビンゴ!、インストールが成功しました。

XPを使っていた時にも、どの管理者ユーザ(Administratorsグループに設定)でもインストールできないアプリが有り、試しにローカルの「administrator」でログオンしてインストール出来た事が有りましたが、まさかVistaになってしかもWindows Updateで「administrator」でないとインストール出来ない事が有るとは…orz

Windowsの「管理者」って「管理者権限:Administrators」の事では無くてユーザ名が「administrator」の事なのか?
Mac OS Xでも管理者アカウントの「root」を有効にする事が出来るが、セキュリティに問題が出るので私は有効にせず自分のアカウントを管理者設定して使って来たが、Mac OS Xではパブリックβの頃からLeopardまで一度も「root」が必要になった事はないが…。
[more...]

16:28:59 | 3k1 | comments(1) | TrackBacks

February 10, 2008

自転車:75, 76日目

自転車 Logo
2008/02/02 sat 75日目(ビンディング38回目)のサイクルコンピュータの記録は、走行距離:55.49km、走行時間:2時間30分54秒でした。(家→神戸空港→家)

往きの気温は4度、帰り6度。

先週はステムが冷た〜くて辛かったですが、今日は朝から曇っていたので冷え込まなかったみたいです。この季節の気温の1、2度の差は、体感ではもっと大きく感じます。

今回も風が弱くて走り易かった。
気圧配置の関係かそれともこれも温暖化のせい…?
今回は脚の廻りも良くていつもより帰りに脚が残っている感じだった。

自転車雑誌に載っていた様に11時→2時の押し出しと5時→8時の引きを心掛けて無理してペダルを踏まなかったのが良かったかも。
自分では時計の文字盤より、かなの「こ」の字の所を意識して走るのが良いかも、と思いながら走りました。

今回は空港からの帰りのスカイブリッジで、チェアホイールレーサーに会いました。シーズンインなのかも。

2/5に「エキップアサダ後援会」から2008年のグッズが届きました。
2008年の会員用グッズ
昨年の後援会設立1年目はリストバンドでしたが、今年はジャージ型のケータイクリーナーでした。


2008/02/10 sun 76日目(ビンディング39回目)のサイクルコンピュータの記録は、走行距離:45.31km、走行時間:2時間4分44秒でした。(家→某マンション前/メリケンパーク→家)

往きの気温は3度、帰り7度。

昨日の朝に走る準備をはじめたところ、雪が降ってきたので断念。
雪がみぞれや雨になって風も出ていたので、走らなくて良かった。

今回は距離短めで、『神戸在住』完結記念として「てきまーっ」の場所まで走ってきました。(家から17〜18Km位の距離でした。)
てきまーっ
この場所から山の方を見るとまだうっすらと雪が残っていました。



14:23:36 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

February 09, 2008

ゆくかわのながれはたえずして:『生物と無生物のあいだ』

OUT TO LAUNCH Logo
微生物とクジラの本の次に読んだのが「生命とは何か?」がオビのアオリ文句の『生物と無生物のあいだ 』です。

中学か高校生頃に「エントロピーの法則」という言葉:宇宙はビッグバンの超高温から徐々に冷えてぬるくなって温度が一様になってオシマイになると言う事を何かで知りましたが、これがこの宇宙を支配する法則なら、生命は何となくこの法則に反しているか、逆らっている様な気がしていましたが、それが本書を読む事で生命もまたこの法則から逃れられない事が分かった…気がします。(結局気がする程度で理解には程遠いのは、本書のせいではなく、私の理解力の無さのせいです。)

プロローグの問い「人は瞬時に生物と無生物を見分けるけれど、それは生物の何を見ているのでしょうか。そもそも、生命とは何か、皆さんは定義できますか?」を読んで、確かに公園でうたた寝をしている野良猫を見分けている自分を思い出しました。
言われてみれば、猫は遠目にはそこにじっと動かないので景色に溶け込んでいるはずですが、確かに生物としての猫を背景から切り出して見ています。生物と無生物を分けているものは一体なんでしょうか。

本書のテーマは生物と無生物の違いを考察する事ですが、中に書かれたエピソードで私が面白いと思ったものをピックアプすると、以下のものが挙げられます。

 P.18:相反する野口英世像
 P.75:PCRマシンが起こした革命
 P.83:死んだ鳥症候群
 P.100:同業者による論文審査
 P.134:第8章 原子が秩序を生み出すとき
 P.152:第9章 動的平衡とは何か
 P.248:ES細胞とは何か
 P.274:エピローグ

[more...]

18:37:28 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

醸し力(かもしりょく):『人を助けるへんな細菌すごい細菌』

OUT TO LAUNCH Logo
くりらじ「ヴォイニッチの科学書」で有名な中西貴之さんの「最新科学おもしろ雑学帖」に続く第2弾「人を助けるへんな細菌すごい細菌」を読みました。
丁度本書を読み始めた頃にTVで「もやしもん」の放送が始まり、オリゼーのカワイさに醸されてしまいました。

環境破壊について色々とニュースになったりもしますが、結局ヒトの住む環境は空気の有る地上だけの狭い世界しか見えていないと本書を読むと気付かされます。
この地球は大気中や地上だけでなく、水中、海中、海底、地中…文字通り生命に溢れている事に気付かされます。
また、外側だけでなく、ヒトの体内にはヒトの細胞(60〜100兆個)を遥かに超える数(100〜1000兆個)の細菌と共生している事を知り、菌がより身近に感じました。
[more...]

18:33:01 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks