June 09, 2006

6月9日は「超人ロックの日」

science Logo
電かば酒場」に、えぢまっくさんの投稿に賛同して、私の「『超人ロック』との出会い」を書いてみようと思います。

【『超人ロック』との出会い】
『超人ロック』、そのとてもインパクトの有るタイトルを知ったのは多分1980年代、小遣いでマンガが買える様になり、良く通う様になった書店にずらっと並んでいたコミックのタイトルからだと思います。(インパクトが有ったのはタイトルだけでなく、ロックの髪型&髪色もですが…。)
1984年頃?「たった一人で宇宙を救った少年がいた…」(うろ覚えですが)と言うナレーションで当時映画化された「魔女の世紀」のTVCMを見た前後から(映画はいまだ未見ですが)、その頃には既に20数巻出ていたヒットコミックス版を月に1、2巻のペースで少しずつ揃えていきました。
当時映画化された事も有り、ブームが来ていたのだと思いますが、高校の文化祭でもどこかの部の描いた「サイコスピア」(←最初見たときは何処で切って読むのか分かりませんでしたが、サイコ・スピアですよね?)を掲げた姿のロックのポスターを見ました。
同じく高校時代の体育の授業時、その日は日番(日直)だった為、一人教室に残ってヒマだったので、クラスの誰かが置いて行った雑誌を見ていた所、たまたまそれが『超人ロック』の掲載誌でした(コミックは購入しますが、掲載誌までチェックしていませんでした)。その時に掲載されていたのは、「ソング・オブ・アース」(22巻 昭和59年12月15日発行)の冒頭「マウス」を掘り出している所だった様な気がします。

『超人ロック』少年画報社 ヒットコミックス版は、1巻「炎の虎」(昭和55年5月15日発行 昭和59年7月1日重版 定価350円)〜 38巻「ソリティア」(平成元年8月15日発行 定価380円)まで購入し今でも持っていますが、最初に書店で購入できたのは 4巻「ロンウォールの嵐」(昭和56年1月25日発行 昭和58年2月15日重版 定価350円)でした。
最初の『超人ロック』体験が、独立を目指す不穏な状態の人類が太陽系外で初めて発見した即時移住可能な惑星ロンウォールで、記憶を無くした状態で成長したロックが自分の能力に目覚め変わって行くヘビーなストーリーで衝撃的でした(「ブラック・メイデン」もカッコ良かった)。

[more...]

06:09:00 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks