September 25, 2004

Test002:Safari CSSでドロップシャドウ

Mac OS X の標準ブラウザ、アップルの「Safari」が他のブラウザに先駆けて搭載した「ドロップシャドウ」が利用出来るか試してみます。

<h1 style="color:blue ; font-size:200% ; text-shadow: 5px 5px 3px #339966 ;">


Safari CSSでドロップシャドウ


</h1>

結果は…成功!
青文字にグリーンの、ぼかし付きシャドウが付きました。
嬉しい事に、LinkLogはタグをあまり規制していないのかも知れません。

18:26:27 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

Enemy as Another Big

アップルストア 心斎橋 オープン2日目に買った雑誌、「Mac People 2004.10」P.15、「The Iconfactory」の紹介記事ページ左下の写真に「BIG-DUO」のフィギュアが写っていました。
日本未発売のバンダイアメリカのフィギュアでしょう…羨ましい。

WOWOWでの放送では人気が出ず、26話の予定を13話に切られたアニメがアメリカに渡りヒットした事で、2ndシーズンとしてさらに13話が作られ、その結末には賛否が有った「THE ビッグオー」。
逆輸入される形で、日本でも深夜に1stシーズン13話に続けて、2ndシーズン13話の計26話が放送(SUN-TV他)された事で、私もファンになりました。

現在、当時の公式サイト http://www.the-big-o.net/ は無くなっていますが、Internet Archive で過去に戻りたいアドレスを入力して[Take Me Back]ボタンを押すと、保存されているページを見る事が出来ます。

18:16:53 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

アップルストア 心斎橋:ジーニアスのお仕事

これまで、心斎橋店には2度行きましたが、2度目のリサイクルの件ではジーニアスにお世話になりました。

リサイクルの申込書を印刷してもらっている間にも、何人かの相談者が訪れていましたが、その中に恰幅のいい白人のおっちゃんがいました。
日本語が結構出来る髭面のおっちゃんは、パソコンの修理を申し込みに来た様で、ジーニアスバーの予約の後、作業まで時間があるため「電話をかけたいが公衆電話は有りますか?」とジーニアスの女性に訪ねていました。
さすがのジーニアスも近くに公衆電話があるかどうかは分からない様子で、どう対応するのか興味深く見ていた所、「一緒に探しましょう」と言って1Fへ降りて行きました。 さすがジーニアス…、やるなと思いました。

心斎橋店の目玉?、ガラスのらせん階段自体は良いのですが、降りる時は特に気を付けないと、階段を下りた所が1Fの床面と同じ色の2段の階段が有るので、ぼんやりしていると気付かずに踏み外してしまいます。
展示されていたiMac G5に気を取られて、足下を良く見ていなかったので、コケそうになりました。


17:43:19 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

古いMac(デスクトップ)の廃棄2

9/24 アップルへFAX送信。
Sony(Macで使用の15"CRT)と日立(Mac OS がUnixベースになると発表された時にLinuxを入れる為に買ったDOS/V)からは、9/20にWebから申し込んだ、リサイクルの手続き書類が送付されて来ました。
SonyはWebでカードでの料金支払いまですべて完了出来たので、「エコゆうパック」伝票(伝票到着から60日が期限)が送られて来ましたが、日立はリサイクル料を郵便局で払う必要が有ります。しかも受け取ってから10日以内に振り込む必要が…日・祝に開いている郵便局を探さないと…。

結果、パソコンリサイクルに関してはこの3社の中ではSonyが一番まともでした。
「エコゆうパック」で扱ってもらえる箱の大きさは、縦横高さの合計が170cmまでだそうです。


17:20:09 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks

September 23, 2004

アップルストア 心斎橋:オープン2日目のこと

オープン2日目(2004.8.29)日曜日の朝に初めて心斎橋店に行きました。さすがに店内は多くの人で、商品を見るのも難しい位でした。

1Fは人が多く、本体には用が無かったので、心斎橋店(「てん」ではなく「みせ」と読むと関西風? 大丸神戸店は「こうべみせ」と読んでいた様な気が…)の目玉?、ガラスのらせん階段を上りって2Fへ(H2O「思い出がいっぱい」が頭の中に流れ出す…)。天井からのライトもらせん状に配置されていました。

iPod mini用に面白い出物でも無いかと思ったのですが、やはり2Fも人が多く、ゆっくりと見ていられなかったので、雑誌2冊(Mac People, Mac Fan)と書籍(Macの知恵の実)1冊だけで退散する事に。
しかし…レジは何処?。人の多さとiMac G4をレジに使っている事も有り、保護色になっていました。
なんとか支払いが出来る所まで辿り着き、店員さんが金額の確認の為にモニタをこちらに向けた時に、「ん?なんかちょっと変」「雑誌2冊に書籍1冊で3千円でお釣りがくるはずが4千円を超えてる…ぇえっ?」よく見ると「Mac Fan」が無く、なにか別の商品が2,400円って…。
「オドレは客の足下見てボッタクる気ぃかいワレ?」などとは言えませんので、「あの…ちょっと…これ、おかしいのでは?」と聞いてみると、商品を持って奥の方でエライさんとなにやら相談…の結果、商品のシールの貼り間違えだった様で、無事860円になりました。
さすがに店員さんは謝ってくれましたが、こちらとしては「ええネタが拾えて儲けたな」と思いました。3千円以下の買い物でもアップルロゴ入りの巾着に入れてもらえてらっきーでした。

もしも、心斎橋店でMac Fanの10月号を買って2,400円取られた人がいたら、返金して貰いましょう。

18:53:34 | 3k1 | comments(0) | TrackBacks